妻に秘密でセフレを作りたいから出会いアプリで探した

私はこれまで仕事一本で生きてきたのですが、そろそろ女遊びをするのも悪くないと思ったので、妻に隠れて出会いアプリを使いだしました。

 

>>出張先での遠距離の人妻のセフレ

 

これまで出会いアプリを使った事がなかった私は、なかなか女性と会う事が出来ませんでした。
しかしある日出会いアプリを通じて、女性が私に連絡をしてきたのです。
私はこのチャンスを逃すまいと思い、直ぐに彼女の返信をしました。
彼女は私と会うと、自分のアパートが近所だから、来て欲しいと誘って来たのです。
私は出来過ぎた展開に多少不安を感じましたが、彼女に誘われるままに付いて行く事にしました。
アパートの部屋に着くと彼女は、私にお茶を出してくれました。
そして暫くの間話に興じたのです。
しばらくして話題が尽きかけた頃、彼女は徐に服を脱いで裸になり、ベッドの上で自分の割れ目を指でなぞり始め、私を誘って来ました。
私はしばらく彼女のオナニーを見ていたのですが、我慢し切れなくなり、彼女を押し倒してキスをしたのです。
それから自分も急いで服を脱いで裸になり、彼女の体をおっぱいから愛し始めました。
その後私は彼女のアソコに指を入れたのですが、もう既にぐちょぐちょに濡れており、準備万端という状態になっていたのです。
私の肉棒も既に準備万端に大きくなっていたので、彼女の割れ目を指で押し広げ、肉棒をねじ込みました。
そして肉棒の先端が彼女の奥に突き当たるのが確認できたので、私は腰の前後運動を始めたのです。
最初は彼女のヒダヒダを楽しむようにゆっくりと、後は本能の赴くままに激しく動かしました。
それで彼女は大きな喘ぎ声を挙げてイキ、私も徐々にこみあげてくるものを感じ、彼女の中にどぴゅどぴゅと何度も出したのです。
私も彼女もお互いにエッチが気に入り、セフレになる事を決めました。
これまでの私は仕事一筋でしたが、今はセフレに夢中になってしまい、仕事よりも彼女一筋と言う感じになって来ています。
今の私にとってセフレは生きがいであり、何を置いても彼女の事を考えてしまうのです。
「京都府|30代|男性|会社員」


ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>



・TOP ランキングへ戻る >>セフレ作る時に騙されないで確実にセフレ探しできるアプリ